矢拭きを携帯式洗濯機で洗ってみた

 
自分の道場では、気づいた人が矢拭きを持って帰って、洗ってまた持って来ています。順番が決まっているわけでは無いので、気づいたとき、という感じです。自分も、何回かに1回、持って帰るようにしています。
しかし、土の付いた矢拭きを洗うのは結構面倒です。
道場には矢拭きのストックは一杯あるので、すぐ次の回に持っていかなくても大丈夫なので、ついつい洗濯が滞りがちです。
そのうち、溜まってしまって、気付いたら結構溜まってしまっていることがあります。

携帯式の洗濯機で洗濯してみる

 
そこで、なんとかならないか考えたところ、楽天で携帯式洗濯機を見つけました。商品名は手のひら洗濯機になっていますが…

 

 
届きました。商品サイトでは日本語で説明がいっぱい書いてありますが、届いたものには日本語の説明はなし。
 
 
 
不安がありますが、まずは使ってみましょう。

実際に使ってみます。側面設置が良さそうです。

この洗濯機は電源はUSBでとるようになっています。
屋外の電源に、USB充電用のアダプタをつけて、そこにつなぐようにしました。

 
実際に回してみると一定秒数で、回転が反対になります。
最初使っていたら、5分くらいで回転が止まるので、矢拭きがスタックしたが、故障と思って電源抜いて刺しなおしてましたが、あとで、超音波機能であることに気づきました。

この洗濯機は底面にも側面にも設定できるのですが、底面に設定すると、矢拭きとコードが絡まるので、側面がおすすめです。

 
実際に洗える矢拭きが数枚あるので(怒られますね)、いろいろ試しみました。
 

実際に洗ってみた

結論から言うと、かなり使えそうです。
 
では、洗濯の実際です。
 
さて、こちらは、結構土が付いている矢拭きです。家の洗濯機では土がついていては洗えないので、通常は手洗いすることになります。

 
携帯洗濯機を回して、入れてみます。
10秒ほどずつ、回転が交互になっています。
2,3分で結構水は汚くなってきて、汚れが落ちるのが分かります。

 
5分ほど経つと、超音波機能が発動します。約1分間、超音波を発しています。
その後また、回転式の洗濯が始まります。

 
約10分後の2回目の超音波後に、少し回転させた後、取り出してみました。

 
矢拭きがきれいになっているのがわかると思います。
水もかなり汚くなっています。

洗い終わった水を側溝に捨てられる

さて、ここで水を入れ替えます。
この洗濯機の良いところはここで洗い終わった土の混じった水を普通の側溝に流せることですね。
屋内で洗うとこの辺が気になってしまいます。
 
水を入れ替えてもう10分ほど洗ってみました。

洗い終わった結果

いかがでしょうか。なかなか良いのではないでしょうか。最初と比較してみます
いままで、気が重かった矢拭きの洗濯がお手軽に、そして楽しくなりそうです。
 
これの前に、試しで洗っているのもあって、洗剤を使ったのもあるのですが、超音波の存在を知ってから、超音波の時間を挟めばかなり落ちる感じなので、洗剤は不要そうです。真っ白までを要求する場合は洗剤が必要かとは思いますが…

最後にもう一度洗って乾かしました。
たくさんあるのは内緒ですよ。

他の3枚の前後も載せておきます。

例によって、動画も作ってみました。

もしよろしければご覧ください

https://youtu.be/29R9-NqK5JU (YouTube 別ウインドウで開く)

書いてて思ったのですが、これ自体を道場に置いておいたら良いのかもしれません。

 

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です