【弓道】18kgのにべ弓を里子に出す

 今、20kg前後の弓2張を使っていて、さらに2張(たぶん)21kgくらいの弓を2張調整中です。
2018年、2019年と2年続けて笄を出し、使う弓がなかった時に、19kgの弓を道場の先生にお借りしていました。
 2018年笄の弓(約19-20kg)が引けるようになって、お借りしていた弓はお返ししました
 
 
 その先生が、その19kgがちょっときついとおっしゃっていたので、自分の18kgの弓をお貸しすることにしました。以前、自分で調整したもともと出木が強かった弓です。(【弓道】竹弓の矯正器の自作と出木の弓を調整した話
 
 
 今では、出木にはなっておらず、どんなに調整不足でも真ん中くらいで収まっています。
お貸しする際に、どこを持って張って、張った後、入木に踏んで、どこを押して、矯正器をどこにかけるのが良いか、といった癖を一通り説明しました。
 
 
 それでも素性が出木の弓なので、かなり意識的に角見をかけないと、前に飛ぶ弓です。そのこともお伝えして引いてもらうことにしました。まあ癖のある弓ではあるのですが、にべ弓独特の粘り感があり、お気に入りの弓です。自分の調整に自信が持てた弓です。
 何より、審査に受かったという実績がある弓です。
 
 
引いてみていただいて、強さ的には、ちょうど良かったようです。
また先生の射に合わせて育てていただければと思っています。
 
 
カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です