【弓道】襦袢に半衿をテープで貼ってみた話

紋付きでない着物の場合は色物の半衿をつけるべきか→弓道では必ずしも必要ではないようです

さて、練習で和服を着はじめたので、昔、自分で半衿を付けた話の紹介です。
一番上等の紋付きの襦袢は、白の半衿がついていて、若いころはあまり着る機会がなかったので、ある程度たったら、和裁をする母に交換してもらっていました。
紋付きを着る時は半衿は白が基本なので、過去に紹介したブッチャー生地の襦袢も白なので問題ありません。
ブッチャー生地襦袢を着るようになって、その襦袢は洗えるので、半衿も特に必要なくなりました。
 
最近は、講習会でも司会をする立場になったので、普通の紋無しの和服では参加しにくく、結局紋付きを着ています。
中央審査はほとんどの方が紋付きですね…。
普段の練習では、襦袢の半衿の色を気にする必要はないので、ブッチャー生地襦袢を着ています。
一度、弓具店さんに半衿はどうしたらいいか聞きましたが、弓道では要らないでしょう、と言われました。

色物の半衿をつけた話

色ものの半衿が必要になったので、その時の話です。
本格的には半衿は縫い付けるものですが、いろいろググって、テープで半衿を付けることができると知りました。
こちらを買いました。
 
過去に2回、これをつけたことがあるので、その話です。
1回は、流派の練習会の時で、練習会だったので、紋付きでない着物を準備して、その際に今回紹介する色物の半衿をつけました。まだ、弓具店さんに、半衿は要らないでしょうと教えてもらう前の話でした。結果的には、参加者皆さん紋付き…、しまった、と後悔しました。TPOに合わせた和服選びは大事ですね。
 
さて、もう1回ですが、昨年の話なのですが、仕事の関係で海外の人を招く機会があって、その場でお茶を振舞うということになりました。その手伝いをして欲しい、和服を持っている人は和服を着てきて欲しいと言われました。
私は、茶道は素人ですが、着物は持っているので、御手伝いで参加することにしました。
 
 
ただ、御手伝いなので、紋付きは不相応かなと思いました。(その後、閉会式の司会をすることになって、それは紋付きを着ましたが…)。なので、普通の着物を着ることにしました。
ここで、色ものの半衿が必要になりました。

色物の半衿を実際に取り付ける

で、半衿を3色ほど買って、テープを買いました。
それがこちら。
 
まあ、テープの方に貼り方が書いてあるので、そのまま貼るだけですが…。
 

背中側からテープを貼る

背中側にテープを貼っていきます。
 

折り曲げて、洗濯ばさみで留める

半衿を折り曲げて、洗濯ばさみで留めます。
アイロンをかけるともっときれいに仕上がると思います。

両面テープの反対側を剥がす

両面テープを外して、固定していきます。

内側にもテープを貼る

内側もテープを貼ります。
剥がしやすいように少し端を剥がしておきます。

 

内側もきれいに折って洗濯ばさみで留めていく

内側は少し引っ張って留めるときれいに仕上がります。

内側もテープを剥がして固定する

 
テープを剥がして半衿を貼っていきます。

端を留めておく

端もテープで留めます。

完成

 
できました。
ちなみに、洗濯できるブッチャー襦袢に付けています。
この時は大島の着物ですね。
 

実際のお茶会の現場で

 
私の縞袴が、完全な銀ではなくて、少し茶色がかっているので、紺の紬の袷にあっていて良い感じでした。
普段着の着物は、半衿の色でいろいろ遊べていいですね。
 
 
集合写真では、私だけ、弓道の手の位置です…。
あまり使いどころがないですが、半衿を自分でつけた話でした。
 
 
 
 
 
カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です