カブトムシ飼育小屋の解体、タッカー固定部は、ホッチキス外し、ステープルリムーバーが超便利

カブトムシ飼育小屋を解体することに

カブトムシの飼育小屋を紹介してきましたが、7年経って、さすがに寿命になりました。
 
作ったころの写真
 
今年の、コンテナサイズが一番扱いやすかった気がします。
木材部分の痛みが激しくなってきたので、コンテナ用の飼育小屋は今年で廃盤にすることにしました。
ちなみに、アクリル部分は十分使えるので、外して次のDIYに使おうと思います。
 
作成時の写真(なのでキレイ)ですが、各パーツはボルトで留める設計です。
 
今回は、それぞれのパーツのネジを全部外していきました。
ネジを外すと、こんなに一杯になりました。
 
 
外れた木材は30cm以下に切ってゴミに出します。
 
 
さて、問題は、金網をつけて、網戸ネットも付けた部分です。
これを捨てるには外さないといけません。
 
そんな時には・・・!
 
このホッチキス外し(ステープルリムーバー、ホッチキスリムーバー)を使います。
 
 

ホッチキス外しが超便利

これを使えばタッカーで止めたものも、きれいに分解できます。
使い方は、タッカー固定した針に、差し込んでいきます。
グリップを握ると、針の真ん中を押して、外れます。
 
 
 
タッカー固定の針を外すのにとても便利です。
というかこれ無しでは、これだけの量の針を外すのは考えられません。

実際に飼育小屋のタッカーの針を外していきます

これは側板ですが、金網と網戸ネットの間がスペースがあるので、ここの掃除ができません。傷んできます。
今回木材がもう傷んでいるので解体を決めましたが、木材が大丈夫なら、網戸ネットだけ外して、毎年貼るのもありですね。
 
 
 
背板です
こちらは大きいです。結構外すのが大変でした。
 
 
天板です
アクリル板は再利用予定です。
 
 
そのほかの金具も外していきます。
 
30cm以下に切っていきます
 
 
一般ごみに出せるように30cm以下に切っています。
先日の電動のこぎりがとっても便利でした。
 
 

飼育ケースの網も外します

飼育ケースはまだまだ使えるのですが、こちらも金網と網戸ネットの間の土がとれず悩んでいました。
 
 
今回網だけを外しました。そうすると掃除ができて、きれいにして保管ができます。
 
来年、また網戸ネットだけ張ろうと思います。
 
大量の針が出ました。
 
ということで、解体に便利なホッチキス外しの紹介と、実際の解体の紹介でした。
何かの参考になれば幸いです
 
今回この解体のために、こちらを購入しました。わが家には他にタッカー固定しているものもあるので、これから便利です。日常生活のホッチキス外しも簡単です。お勧めです。
 
 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホッチキス 外し ステープルリムーバー 手持ち型 送料無料
価格:890円(税込、送料無料) (2020/10/4時点)

楽天で購入

 

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です