RYOBI トリマーMTR-41 コレットチャックを交換して6mm軸ビットと6.35mm軸ビット両方を使う マキタ製が流用可能

トリマーのビットを購入したものの軸のサイズが違って使えず…

 
 弓道の弓座のDIYをしていて、加工用にトリマーのビットを新しく買ったところ、軸径が違って入らず、困ってしまいました。
 その後いろいろ調べると、日本規格の6mm軸のビットと、海外規格の1/4インチ軸(6.35mm軸)の2種類のビットがあることを知りました。最初に35種類のトリマービットセットを買って、それを使っていたので違いがあることに気づいていませんでした。
 
私は、RYOBI トリマーMTR-41という機種を使っています。
今は、代替わりしてMTR-42のようですね。
 
 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リョービ トリマー MTR-42【35本組トリマービット付】【在庫有り】【あす楽】
価格:16280円(税込、送料無料) (2020/3/28時点)

楽天で購入

 

 

コレットチャックを交換すると、6mmと6.35mmの両方のビットが使えることを知る

 
さて、ビットを買って、いざ使おうと思ったら、入らない。最初、軸を耐水ペーパーでこすってみましたが、超硬ビットなので、削れるわけがありません。真似しないでくださいね。
 
結構調べてみて、コレットチャックを交換すると、6mmと6.35mmの両方のビットが使えることを知りました。
 
 
 

 
私の使用している機種ですが日本製のため6mm軸です。今回のテーマの6mm軸と6.35mm軸の両方を使う、という技は、日本製のトリマーの方がしやすいようですね。海外製だと、日本規格の6mmに対応するコレットチャックが販売されていないようです。
 

どこ探してもRYOBI製の6.35mmのコレットチャックがない!→マキタ製でもOKらしい

さて、6.35mmのコレットチャックを買えば良い、というところまで行きましたが、どこを探してもない。
 
モノタロウさんのサイトでは、出荷は5月以降になると書いてありました。
 
 
納品、でもないですが、古い弓座が限界だったので、なるべく早く作りたいという思いがありました。
 
いろいろ探したら、ヤフオクで買えそうだったので、在庫があることを期待して落札したものの、在庫がありませんと、落札をキャンセルされてしまいました。私が購入した後、軒並み出品が取り下げられていました…。
 
近くのホームセンターや大阪のホームセンターまで電話してみましたが、扱っていないとのことでした。
 
八方ふさがり感がありましたが、アマゾンでは結構マキタのコレットチャック(マキタではコレットコーンという商品名です)が出てきました。
 
 
モノタロウの商品サイトをみると、RYOBIでも流用できる、というレビューの記載を見つけました。
 
 
ヨッシャー、ということで、マキタのコレットストーンを買いました。マキタでもRYOBIでもそんなに高いものでは無いのですが、手に入らないとなかなか大変ですね。
 
 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マキタ 763608-8 コレットコーン 6.35
価格:305円(税込、送料別) (2020/3/28時点)

楽天で購入

コレットチャックの交換の実際

実際のコレットチャック

コレットチャックを購入するまではドキドキしていましたが、実際の交換は簡単です。
 
コレットチャックは、わずかに大きさが違います。
 
 
純正のRYOBIだと色とかは一緒だったかもしれませんね。
 
弓座の初期の試作に使った元々の35個セットの中の赤い丸溝ビットと(【弓道】高さの違う欅の弓座と円形の花梨の弓座)、以前WOODONE風加工のために買ったV溝(三角形)のオレンジのビットが6mm軸です。黄色い丸溝ビットが今回購入した6.35mm軸のビットです。ビットの色は、必ずしも軸径を反映しているわけでは無いようです(赤や青が6mm、黄色が6.35mという雰囲気はありますが、絶対では無いようです。実際このV溝ビットもオレンジですが6mmです)
 
もともとは6mm軸のコレットチャックを使っていました。
 
 
6mmのコレットチャックには6mm軸のものはスムーズに入ります。
 
次に6.35mm軸ビットです。
 
6.35mmのビットは入りません。これを無理に入れると破損したり、抜けなくなったりします。
 

ベースプレートを外して、コレットナットを外します

ベースプレートを外します。
 
 
コレットナットを外します。ナットを外してしまうと、固定されているわけではないので、落ちやすいのでお気を付けください。(実際に落としたので…)
 
 
 

新しいコレットチャックを装着する

新しいコレットチャックを装着します。
 
 
最後にコレットナットを戻して終わりです。
 

6.35mmのビットがスムーズに入ります。

交換後は6mm軸はスカスカです。
 
 
6.35mmがスムーズに入ります。
 
 

DIYの幅が広がります

 以上、RYOBI トリマーMTR-41 コレットチャックを交換して6mm軸ビットと6.35mm軸ビット両方を使うお話でした。
 これで、いろんなビットが使えて、DIYの幅が広がります。
6.35mmビットの方が、輸入品もあるのか、ビットの形状がいろいろあったり、同じ形状でも安いものがあったりします。
 後日紹介予定のキーホールビットも、6.35mm軸でしたが、6mm軸よりお安く買えました。
 

動画もよければご参照ください

 
カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です