娘が初段になりました

先日、地連審査があって、無事娘が初段になりました。自分は仕事で見に行けなかったのですが、自力で受かってくれて良かったです。〇×だったようです。

中学経験者(部活ではなく教室)なので、同級生とは一緒に受けれず(同級生は別日の級審査)、ひとりぼっちでした。1年半ぶりでの審査で、立順は14立中、13立目。最後の方の立ち順で、欠席の関係で大前になったとラインがきてましたが、最後の方が3人立ができないように、4人立ちを複数作ることを知らなかったので、2番になると伝えたら、ビックリしていましたが喜んでました。まあ2級、1級のときよりは落ち着いていたと思います。

教えてはいたのですが、直前に間合いや退場の仕方をラインで聞かれまくるので、間合いと退場のキャプチャ画像を送りました。直前だとやっぱり心配になるみたいですね。学科問題も、この1週間くらい、結構勉強していました。こちらも教本を写した写真をラインで送って勉強させていました。無事にできたみたいで良かったです。

そういえば、彼女が2年前の2級の初めての審査の時は、1本目を取りかけるなり失…。人生初の審査が失でした。失の処理を前日にリビングで教えていておいたので、事なきを得ました。無事に失の処理をして、そして次の2本目を当てるという荒業をしてましたが(その当時は的中率1割くらい)。親と違って、本番に強いのかな。
何にしても合格できて良かったです。

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です