KALDIの水出しコーヒーフィルターでアイスコーヒーを作る

KALDIのアイスコーヒー

私はカルディのコーヒージャーニーパスポートにチャレンジしたり、コーヒーが好きです。
夏場はアイスコーヒーが飲みたくなりますね。
 
↓カルディさんのアイスコーヒーのページがこちら
ご自宅で楽しむアイスコーヒー|カルディコーヒーファーム
 
ただ、アイスコーヒーは、いつもボトルのアイスコーヒーを買っていて、なかなか豆からのコーヒーは飲んでいませんでした。
なぜなら、ちょっと面倒くさいから。
 
今回はKALDIの水出しコーヒーフィルターでアイスコーヒーを作った話です。
 
 
 

水出しコーヒー用ポットでアイスコーヒーを飲む

先月、サマーブレンドが5%引きだったので、ホットで飲むつもりでまとめて買ったのですが、妻が、水出しコーヒーにしてくれていました。
一般的には、こういうポットで粉をいれて、8時間とか待って、完成、という感じですね。
 
 
自分は水出しコーヒーはしたことが無かったのですが、やっぱり豆から挽いての水出しコーヒーはおいしいです。
 
ただ、問題点は、このポットだと、コーヒーが1回8杯分で、粉を結構使うので、中途半端な量があまったりすると次が作れない。
1回つくるのに8時間かかるので、無くなったら次に飲むまで時間かがかかる
 
といったことがあります。
もちろん待ち時間が困る場合、水出しコーヒーポットを2本使えばいいんですが、そこまで冷蔵庫の余裕はないです。
あとは、いろんな味を楽しみたい、とかもあります。
 
そんなとき、妻が、これがあればいいんだけど、と、教えてくれたのがこちら。
 
 
水出しコーヒー用フィルター 25枚
– カルディコーヒーファーム オンラインストア
(現在品切れのようです)
 
ご自宅で楽しむアイスコーヒー|カルディコーヒーファーム
 

水出しコーヒーフィルターを使ってみる

さっそくカルディさんに行ってみます。
売ってました。(7月上旬は売っていましたが、中旬には売り切れておりました、すみません)
 
容器はいろいろ悩んだのですが今回はこちらを使用することにしました。
 
 

実際のフィルター

 
 
これは、この中に挽いたコーヒーを入れて、漬けておくとできます。
ポットより量が少ないので5時間でできます。
 

1枚取り出して開けてみます

 
 
口を拡げて、ここにコーヒーをいれます。
760ccのボトルで、実際は粉の分が減るので、仕上がりは650ccくらいになります。
350ccに対して3杯、とかいていますが、水出しコーヒーは時間で濃さも調整できるので、今回は4杯にしてみました。
6杯で作ろうとするとパックが2個になってしまいます。たぶん5杯でもいけそうです。
後日3杯で作ったのは薄かったです。
 

結構入れにくい…

実際に入れてみますが、正直なところめっちゃ入れにくいです。
折れ目がない側があるのですが、そこに沿わせて入れるとまずまずうまく入ります。
純正のパスポートの特典でゲットした陶器のメジャースプーンでは、とても入れにくいです。
カリタのメジャースプーンを使いました。
これでも入れにくいです。めっちゃこぼれます。
 
 
後日コツをつかみました。コツは、メジャースプーンを柄の部分までフィルターに入れて、ひっくり返して出す、ですね。
 
 
入り口から入れようとしても、かなりこぼれてしまうので、柄のところまで入れるのが良いです。
それでもちょっと慣れるまでこぼします。
 

留め具はなくて、引っ張るだけ

入れた後は両側に引っ張ると漏れなくなる仕組みです。
 
 
特に口を封するわけでもなく、これだけでコーヒーが漏れなくなる構造なんですね。これは凄いと思います。
その分、入れにくいという弱点がありますが…
 

水をいれて、冷蔵庫に

水を入れて冷蔵庫に入れます。
 
 
翌朝、できていました。
 
 
 
やっぱり挽いたコーヒーで作ったアイスコーヒーはおいしいです。
 
完全に個人的な好みですが、アイスブレンドよりサマーブレンドの方がおいしかったです。
5時間でできるので、結構楽です。
フィルターを使っての水出しコーヒー、フィルターへの入れ方のコツを掴めば、お勧めです。
現在、フィルターが品切れ中なので寂しいですが…。
 
無いので、ポットへのリンクを…
 
水出し珈琲ポット 8杯用 1000ml – カルディコーヒーファーム オンラインストア
通常価格 1,017円
 
水出し珈琲ポットミニ 5杯用 600ml – カルディコーヒーファーム オンラインストア
通常価格 916円
 
 
amazonでも売ってますが高いですね。ポットは店舗で買うのが楽と思います。

ボトルの考察

このパックを使った水出しコーヒーですが、容器が悩みます。
最初、試しでプロテイン用ので作りましたが、もともとの容器が400ccくらいしか入らず、出来上がりは300ccくらいです。
それだと、頻回につくならいといけないので面倒です。
 
良さそうなのが、イオンに売っているスクエアボトルや、無印良品の冷水筒ですが、わが家は、横置きした後、重ねる形にならないので、意外に使いどころがありません。これの700ccくらいがあればベストですが、1.0~1.4Lは大きいです。
 
 
その後100均で、600ccくらい入るのを買ったのですが、最悪なことに、横(斜めでも)にすると思いっきりこぼれます…。ボトルはちゃんとパッキンがついているのを買う方が良いです。
 
 
行きついたのがこの密閉容器で、これなら横にもできるし、パッキンがついているので、少々横にしてもこぼれません。
 
フィルターが無くなるまで、今年は水出しコーヒーにハマりそうです。
 
カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です