ナイロンベルトでスーツケース用の矢筒ホルダーを作る(ついでにペットボトルホルダーも)

弓道の試合や審査で、スーツケースで移動するとき、矢筒をスーツケースに取り付けられたら便利なのに、と思ったことはありませんか?

竹弓を使っているので、弓に矢筒をくくりつけるのが個人的に嫌いなので矢筒は、いつも弓とは別に肩にかけて歩いています。

ペットボトルホルダーみたいに、取り付けられないかな、とずっと考えていました。ただ、どうしてもスーツケース自体にネジ止めしたり、強力両面テープでの固定しか思いつかず、ずっと考えていて、行きついたのが今回のナイロンベルトでの矢筒ホルダーです。

作品としては2016年の9月の作品になります。

スーツケースを買いました。

 

 

ヒデオワカマツ HIDEO WAKAMATSU (34L)  ヒデオワカマツ HIDEO WAKAMATSU (34L)

新幹線を利用して、審査や試合に行くことがあって、仕事でも1泊2泊用のスーツケースが欲しくて、上記のスーツケースを購入しました。かなり軽くて外側ポケットが使いやすそうだったのが購入理由です。キャスターも軽くてお気に入りです。難点は、中央の仕切りがしっかりしているので、奥行きのあるものが入れにくいところと、キャスターがロックがかからないところですかね。でもほとんど気にならず、かなり愛用しています。

材料を購入

材料を購入 

最終的に全部使ったわけではないですが、ナイロンベルトでの矢筒ホルダー作成を考えて、ホームセンターで材料を買ってきました。2年前のことで忘れてましたが、3000円くらいしてますね。ナイロンロープは余りまくりでしたが。

ナイロンベルトをどこに固定するか?

ネジ止めや、両面テープ固定は嫌だったので、なんとか、スーツケース自体を傷つけずに取り付けたいと考えました。そこで注目したのが、

取っ手に注目

この取っ手部分です。ここに、ナイロンロープを通して、ナイロンベルトを固定しようと考えました。

取っ手にナイロンロープとナイロンバンドを固定

写真で見て頂くとわかると思いますが、取っ手の根本部分にナイロンロープを通しています。そこに、自分でミシンで縫ったナイロンベルトにバックルを通したパーツを取り付けます。ナイロンロープは単純に結んだだけです。

取っ手にナイロンバンド+バックルパーツを取り付けた後

取っ手にナイロンベルト+バックルパーツを取り付けました。左右バックルはオスメスにしています。左側のナイロンベルトにはDカンをかましています。カラビナをひっかけたり、最後に出てくる肩掛けベルトもここにひっかけます。

全体の設計

先に取っ手部分の製作を書きましたが、この写真は、全体の設計のイメージでパーツを各場所に置いています。この時点ではペットボトルホルダーの仕様を決めきれていないので、車用のペットボトルホルダーとペットボトルカバーの両方が置いてあります。

ナイロンベルトを一周させて、矢筒ホルダーを作る

取っ手のバックルからナイロンベルトを1周させる

取っ手に付けたバックルから、またバックルをつけたナイロンベルトを作って、スーツケースを1周させていきます。

1周させたナイロンベルト

1周させたナイロンベルトドの写真ですが、実はこの写真にあるように、もう1か所バックルをかましています。それは、矢筒ホルダーとペットボトルホルダーを取り付けると、ナイロンベルトを締め上げる場所が上側にあるとやりにくいので、下側に来るようにしています。結局2年後にはこの機能をなしにできる方法を見つけました。

矢筒ホルダーを作る

ナイロンバンドの端をチャッカマンで処理 ナイロンバンドの端をチャッカマンで処理

ナイロンベルトをミシンで縫っていくのですが、端の処理をしておきます。切ったままだとほつれてくるので、チャッカマンで熱で溶かしてほつれないようにしておきます。

ナイロンバンドで矢筒ホルダー

肝心のミシンでの作業の写真を取り忘れているのですが、ナイロンベルトを矢筒が入るように、輪っかを作って縫いつけていきます。下側は単に輪っかではなく、下に落ちないように下側にもベルトを縫い付けています。ここにも、アジャスターをかませて、矢筒を締めて固定できるようにしています。

実際に矢筒を入れてみる 実際に矢筒を入れてみます

実際に矢筒を入れてみました。うまくいきそうです。

ペットボトルホルダーを作る

さて、スーツケースを使っているとペットボトルホルダーがあったらいいなあと思うことはありませんか?。欲張り過ぎ?かもしれませんが、せっかくなので、反対側にペットボトルホルダーを作ってみます。

ペットボトルカバーの取っ手を外す

100均で買ったペットボトルカバーの取っ手を外します。

ペットボトルカバーにナイロンベルトを縫い付ける

そこに、バックルを縫い付けたナイロンベルトを直接縫い付けます。ここはミシンが使えないので、手縫いです。

矢筒ホルダー&ペットボトルホルダーが完成!

矢筒ホルダー&ペットボトルホルダー矢筒ホルダー側ペットボトルホルダー側

これで、完成です。ナイロンベルトを使うことで、スーツケースを傷つけずに作成することができました。

矢筒ホルダー&ペットボトルホルダー実際に入れてみる  矢筒ホルダー&ペットボトルホルダー実際に入れてみる矢筒ホルダー&ペットボトルホルダー実際に入れてみる

弓道以外の時は?

取っ手部のパーツの扱い

このパーツは、取り外しできない設定になっています。

取っ手部のパーツの扱い2

なので、このパーツ同士でバックルを閉じます。

取っ手部のパーツの扱い3

引き伸ばしハンドルを納めたところの下に調度おさまりました。弓以外のときは使わないけど、このパーツはずっとつけっぱなしになります。

おまけ(肩掛けベルト)

肩掛けベルト

スーツケースは肩掛けで運ぶことは普通ないのですが、砂利道などは、スーツケースを肩にかけて運びたいです。そこで、肩掛けベルトも作ります。片方はナイロンロープ、片方はナスカンにしています。

肩掛けベルト

片方を車輪にかけます。反対側は、ナスカンでDカンにひっかけます。

最初に作っておいたDカンが生きてきます。これで、砂利道もOKです。ただ、その間、矢筒は外さないといけないので、痛し痒しなんですが…。でも着物が入ったスーツケースをずっと取っ手で持ち歩くのはつらいので、肩掛けベルトの方が楽です。

以上、ナイロンベルトでスーツケース用の矢筒ホルダーを作る(ついでにペットボトルホルダーも)でした。

 

ちなみに、こういった、ナイロンベルトの作品は、子供とスキーに行くために作った、グライドサポーターや、まとめてスキーを運ぶ道具を作った経緯からアイデアを得ています。
僕をスキーに連れてって。子供を連れてスキーに行こう!お勧めの便利な工夫
  

 

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です