かけの乾燥剤の話

自作のかけの乾燥剤

以前かけの乾燥剤を作った話を紹介しました。

 
 
 
先日の全日予選も暑く、決勝では下がけがしっとりする感じでした。
かけは湿気が天敵なので、こういった状態が続くのはよくありません。
 

乾燥剤の専用の電子レンジを購入してみた

 
私の乾燥剤は、電子レンジで加熱すると、水分がでて、また乾燥力が強くなります。
ただ、シリカゲル独特のにおいが一時的にでるので、普段の電子レンジで加熱するといつも家族に評判が悪かったです。(においは一時的でずっとレンジに残るということはありません)
 
ただ、気を遣うので、専用の電子レンジ購入を考えました。
ネットで安い中古を探していたのですが、近くのリサイクルショップで同じくらいの値段であったので、早速買いました。

実際にレンジにかけてみる

乾燥剤を電子レンジで加熱します。

まず、700Wで1分から1分半加熱してみます。

一気に2分以上加熱しても良いのですが、あまり加熱しすぎるとシリカゲルや袋が茶色く変色してくるので、わりと細目に加熱します。

 

かなり水分が出てきます

 
分かりやすいようにキッチンペーパーを引いてみました。

1回目の加熱で、ここまで水分が出てきます。

 
 
出して少しさまして、何回か加熱します。
熱くなりすぎたら、扇風機で冷やしています。

風をあててさらに水分が飛ぶイメージですね。

 
何回目かの加熱の状態ですが、出して転がしてみましたが、水分がかなり出ているのが分かると思います。
こんなに水分で出るのは、冬場はあまり乾燥を気にしないので、数か月ぶりに加熱したせいもありますが、まめにすればここまで出ないこともあります。

ただ、湿気が多い時期は結構これくらいは吸っています。

色が青くなれば終了です

もとの水分量に寄りますが、何回か加熱してさましてを繰り返すと、ピンク色が青になってきます。
青になれば乾燥終了です。青で無理に加熱すると茶色く焦げる印象があります。
2枚目の最初のキッチンペーパーのものはまだピンクなのがわかると思います。 

容器に入れて乾燥させます

 
これをかけにくるんで1日置けばかなり乾燥します。乾燥しすぎて最初かちかちになりますので、試合前日にしたりするのは注意が必要です。(使っているうちにすぐなじみますが)
以前は密閉容器で乾燥させてましたが、効果が強すぎるので、密閉でない100均の割りばし入れにしています。これでも十分乾燥します。

まあ、毎日レンジにかければかちかち乾燥が標準になるので、それもありかもしれません。

市販の乾燥剤はどうも使い捨てのイメージがあるので、これは再利用できて、しっかり乾燥できるので重宝しています。
あと、冷ますのにちょっと時間がかかるので、2個作ってあるので、ストックと入れ替えて使用しています。
ご参考になれば幸いです。
カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です